オンライン五重相伝

オンライン五重相伝について

◎今回の取り組みは、勧誡師さまの寛大なご配慮によって行うことができました。

・下記のことをお守りください。

 ①パスワードは、受者以外には教えないでください。

 ②URL を転送することはお控えください。

 ③動画、音声をダウンロードもお控えください。

・5月末まで、御覧いただけます。

・その後、停止し、画像編集後に再アップします。

​ (画質・音質は下がります。夏には停止します。)

浄土宗の大切な儀式(釈迦の教えを知る行)に「五重相伝」があります。

「五重相伝」とは浄土の信仰や念仏を唱える意味を理解し、仏徒としての生き方を深める儀式です。

浄教寺では、34年ぶりに、令和3年5月1日(土)~4日(火)「五重相伝」を勤めます。念仏の教えを五つに分けて勧戒師(説教師)よりわかりやすく教えていただきます。

本堂に来られるのが困難な方のために、オンラインで参加できる環境を進めております。この機会にご縁を結んでいただきますようお願い申し上げます。

勧戒師(説教師)のご紹介

中西玄禮 なかにしげんれい

元総本山永観堂禅林寺第90世法主。現浄土宗禅林寺派大覚寺第42代住職。病める現代に仏の教えを説き、明日に生きる勇気を与える宗教家。「挨拶で始まる心の交流」「惜しみなく与える」「人の痛みがわかる人間」等のキーワードで、人生を健やかに生きていくための10の法則を説く。企業、学校、PTA、敬老会など、様々な聴講者に合わせたわかりやすい内容が好評。

(著書)『月影抄-わが心の歳時記』

    『げんれい説法』

    『風韻抄-花信風のように』

●五重相伝 実施要項
 

 年 :令和3年(2021年)

月 日:5月1日~4日

時 間:7:50~16:30(予定)

​場 所:和歌山県有田郡有田川町長田542

伝灯師:浄教寺住職

勧誡師:中西 玄禮師

   現 姫路大覚寺 住職 

   元 本山永観堂禅林寺第90世法主猊下  

参加費:一人 6万円

贈五重:一霊 3万円

その他:法名(戒名)授与

五重相伝 費用 2021

※申し込みの際、菩提寺のある方は、必ず菩提寺とご相談の上お申し込みください。

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram