お経解説

 

香偈(焼香するときに心掛ける詩)

三宝礼(仏・法・僧の三宝を礼拝する時のことば)

四奉請(仏・菩薩を招聘する時のことば)

開経偈(読教を開始するにあたっての決意を述べる詩)

四誓偈(法蔵菩薩がたてた四つの誓いの詩)

三念仏

後唄(読教後の唄)

三尊礼(阿弥陀仏・観音菩薩・勢至菩薩に礼拝し、讃歎する唄)

発願文(発願のことば)

啓白文(仏の摂取のはたらきを表すことば)

連称念仏

回向文(すべての功徳を回向することば)

一枚起請文(法然上人の念仏信仰への誓いのおことば)

鎮勧用心(西山上人のしずまる心とはげむ心のおことば)

四弘誓願(四つの誓願)

三称礼

送仏偈(仏を見送る詩)

般若心経(「すべての現象の真実の姿を見極める智慧」を説く経)

舎利経(舎利への敬いの文)

帰三宝偈(十四行偈)(三宝への帰依を勧める唄)

観経真身観(阿弥陀仏の身体と光明の功徳を説く9番目の観想法)

仏説阿弥陀経(阿弥陀仏とその世界の功徳を説き、諸仏の証明を得た経)

香偈(焼香するときに心掛ける詩)

願我身浄如香炉  願わくは、私の身が、焚かれる香のように清らかでありたい。

願我心如智慧火  願わくは、私の求める智慧の心が、激しく燃える炎のようでありたい。

念念焚焼戒定香  修行に必要な戒と安らぎの心を、絶え間なく、持ち続けるために香を焚き、

供養十方三世仏  過去・現在・未来のすべての仏を供養いたします。

三宝礼(仏・法・僧の三宝を礼拝する時のことば)

一心敬礼 十方法界常住仏  我等を救う仏に、真心をこめて敬い、礼拝いたします

一心敬礼 十方法界常住法  仏の説く心理に、真心をこめて敬い、礼拝いたします

一心敬礼 十方法界常住僧 仏教の教えを伝え導く人々の集団に、真心をこめて敬い、礼拝いたします

 

四奉請(仏・菩薩を招聘する時のことば)

奉請十方如来 入道場 散華楽  阿弥陀仏の救いを実践する仏たちよ、どうかこの道場へ降臨して下さい。嗚呼、散華楽。

奉請釈迦如来 入道場 散華楽  阿弥陀仏の救いを説きしめてくれる釈迦仏よ、どうかこの道場へ降臨して下さい。嗚呼、散華楽。

奉請弥陀如来 入道場 散華楽  我らを阿弥陀仏よ、どうかこの道場へ降臨して下さい。嗚呼、散華楽。

奉請観音勢至諸大菩薩如来 入道場 散華楽  阿弥陀仏の救いを補佐する観音・勢至そしてあらゆる菩薩たちよ、どうかこの道場へ降臨して下さい。嗚呼、散華楽

   

開経偈(読教を開始するにあたっての決意を述べる詩)

無上甚深微妙法  この上なき尊く深遠な仏の教えには、

百千万劫難遭遇  非常に長い時間をかけてもなかなか逢うことは難しい。

我今見聞得受持  しかし,今,幸いにも、聴く機会が得られた。

願解如来真実義  この機会を頂き、仏の真実の教えを自分のものにしたいと切に願う。

 

四誓偈(法蔵菩薩がたてた四つの誓いの詩)

     

我建超世願 必至無上道  法蔵菩薩は、迷える人々を救う為に、この世の価値判断を超えた四十八の誓願を建てた限り、必ず無上の悟りに達しようと思う。

斯願不満足  誓不成正覚  もし、この願いを満たすことが出来なかったら、正覚を得て仏にならないと誓う。

我於無量劫 不為大施主 われは、永遠に、おおいなる功徳を施すものとなって、

普済諸貧苦 誓不成正覚 心貧しく苦しんでいるすべての人々を救うことが出来なかったならば、正覚を得て仏にならないと誓う。

我至成仏道 名声超十方 われは、仏道をなし遂げて仏陀となり、その名声が、宇宙のすみずみまで

究竟靡所聞 誓不成正覚 聞こえ渡ることが出来なかったならば、正覚を得て仏にならないと誓う。

離欲深正念 浄慧修梵行 欲望から離れ、深い三昧に入り、清き智慧をもって、清浄なる行を修め、

志求無上道 為諸天人師 無上なる悟りを求め、天界やこの世界の師となることを志す。

神力演大光 普照無際土 偉大なる能力を使って慈悲の光明を輝かせ、宇宙のすべてを照らし、

消除三垢冥 広済衆厄難 人々の貪り・いかり・愚痴による心の闇を消し去り、もろもろのわざわいを苦しむ人々を救おう。

開彼智慧眼 滅此昏盲闇 智慧の眼を開き、煩悩による心の闇を破り、

閉塞諸悪道 通達善趣門 迷いの世界への道を閉じ、善き世界への門を導こう。

功祚成満足 威曜朗十方 仏の功徳をそなえ、威光の輝きは宇宙を照らし、

日月?重暉 天光隠不現 太陽と月を合わせた輝きよりも明るく、天からの光も隠れてしまうほどにしよう。

為衆開法蔵 広施功徳宝 人々のために、真実の法がみつる蔵の戸を開け、ひろく慈悲と智慧の功徳を施し、

常於大衆中 説法師子吼 常に人々の中において、獅子が吼えるような威力で救いの法を説こう。

供養一切仏 具足衆徳本 すべての仏を供養し、あらゆる徳を積み重ねて完璧にして、

願慧悉成満 得為三界雄 四十八の願いと智慧の力をことごとく得て、欲界・色界・無色界のすべての世界における雄者になろう。

如仏無礙智 通達靡不照 師の世自在王仏の具える無礙なる智慧を見習い、われも具え得て、わが智慧の働きのちからが、

願我功慧力 等此最勝尊 最勝なる師尊と等しくなりたいと願う。

斯願若尅果 大千応感動 もし、この四十八願がなし遂げられたなら、全世界は感応して六種に振動したまえ。

虚空諸天人 当雨珍妙華 さらには、虚空に遊ぶ天人も、妙なる蓮華を雨のごとく降らせたまえ。

 

三念仏

阿弥陀仏への帰依の心を表現する

南無阿弥陀仏 阿弥陀仏にすべてお任せいたします

南無阿弥陀仏 阿弥陀仏にすべてお任せいたします

南無阿弥陀仏 阿弥陀仏にすべてお任せいたします

 

後唄

(読教後の唄)

 

其仏本願力 阿弥陀仏の四十八の願いが完成されたことによって、

聞名欲往生 人々が阿弥陀仏の名号を聞いて極楽世界に生まれたいと願うなら

皆悉到彼国 ことごとくその世界に到り、

自致不退転 けっして退くことのないない境地に達するのである。

三尊礼

(阿弥陀仏・観音菩薩・勢至菩薩に礼拝し、讃歎する唄)

 

南無至心帰命礼 西方阿弥陀仏  嗚呼、心より西方の阿弥陀如来に帰命し、謹んで礼拝し奉ります。

弥陀身色如金山 相好光明照十方  阿弥陀仏の身体は最も美しい夜摩天の閻浮檀金のようであり、白毫の大きさ
は須弥山のようである。そのお姿から出される慈悲と智慧の光明は宇宙すべ
てを照らして下さる。

唯有念仏蒙光摂 当知本願最為強  念仏を称える人々は、ただちにその光の温もりを感じることが出来るであろ
う。仏の願いは只念仏を称えよということなのだとよく弁えて置きなさい。

六方如来舒舌証 専称名号至西方  東西南北上下の六方の世界の無数の仏様が、真実であることを舌を舒べて証
明していることは、だれしもが、阿弥陀仏の名号を称えて西方極楽世界に生
まれ至るということである。

到彼華開聞妙法 十地願行自然彰  蓮の華が開くと同時にその台に生まれ出て、妙なる法を自然に聞くことがで
き、十地という菩薩の位の修行が自然に成就され、その位の願も行も自然に
成就される。

願共 諸衆生往生安楽園  さあ、皆、諸共に安楽なる極楽浄土に生まれたいと願おうではありませんか。

南無至心帰命礼 西方阿弥陀仏  嗚呼、心より西方の阿弥陀如来に帰命し、謹んで礼拝し奉ります。

観音菩薩大慈悲 已得菩提捨不証  観世音菩薩は非常に大きな慈悲の功徳を使って人々に働きかけておられる。
既に無上菩提を得て仏になられる境地にありながら、あえてそれを捨てて仏
にはなられず、

一切五道内身中 六時観察三輪応  すべての生きとし生けるものの苦しみの様子を光の中に映し出し、絶え間無
くわれらの心を察して、柔らかなふるまいと、穏やかな語りと、優しい思い
やりをもって救って下さるのだす。

応現身光紫金色 相好威儀転無極  そのときの身体は紫金色に輝いており、何ものにも勝れた威厳のあるお姿は
文字にも言葉にも表すことの出来ない程であります。

恒舒百億光王手 普摂有縁帰本国  どんな人でも救おうと百億ほどの輝く御手をさしのべて、念仏を称えて縁を
結ぶことの出来た人々を余さず一切救済して極楽世界に連れ帰って下さるの
であります。

願共 諸衆生往生安楽園      さあ、皆、諸共に安楽なる極楽浄土に生まれたいと願おうではありませんか。

        

南無至心帰命礼 西方阿弥陀仏  嗚呼、心より西方の阿弥陀如来に帰命し、謹んで礼拝し奉ります。

勢至菩薩難思議 威光普照無辺際  勢至菩薩の御智慧の光は不可思議なことです。その光明の威力はあらゆる宇
宙の涯までも至らぬ隈なく照らされるのであります。

有縁衆生蒙光觸 増長智慧超三界  念仏を称える人々は、必ずその光明の功徳を頂くことが出来、智慧をさらに
増して、欲望と執着と精神のみの三つの世界を輪廻することから超越して悟
りの世界である仏界に入らせて頂けるのであります。

法界傾揺如転蓬 化仏雲集満虚空  勢至菩薩が御足を上げてお歩きになる時、十方世界は、風に軽々しく転がる
よもぎのごとく振動し、仏の分身である化仏が雲の如く集まって宇宙を満た
して居られる。

普勧有縁常億念 永絶胞胎証六通 人々よ、常に弥陀の御慈悲を心に深く刻んで忘れず、迷いの世界から脱却し、
仏の六つの威力(六神通)を悟り身に備えましょう。

願共 諸衆生往生安楽園  さあ、皆、諸共に安楽なる極楽浄土に生まれたいと願おうではありませんか。

発願文

(発願のことば)

 

願弟子等 臨命終時  仏道の友よ、命が終わるときが来たならば、次のことを願おうではないか。

心不眞頁到 心不錯乱 心うろたえることなく、こころの散乱することなく、

心不失念 身心無諸苦痛 心を失うことなく、身心に苦しみ痛むことなく、

身心快楽 如入禅定  身心は安らかにして、心は安定の状態に入り、

聖衆現前 乗仏本願  目の前に仏・菩薩らのお迎えを頂きたい。そして阿弥陀仏の救いの願いに乗って

上品往生 阿弥陀仏国 観経に説いている上品上生の往生人のように生まれさせてほしいと。

到彼国已 得六神通  勿論、かの国に生まれ至ったならば、そこで得た偉大な能力をもって

入十方界 救摂苦衆生 この世の苦しむ人々に救いの手をさしのべようと思っています。

虚空法界尽 我願亦如是 この私たちの願いは、宇宙の空間が限りなく広がっているように尽きることはありません。

発願已 至心帰命阿弥陀仏 このように発願いたしました。心より阿弥陀仏に帰依いたします。

 

 

啓白文

(仏の摂取のはたらきを表すことば)

 

光明遍照 阿弥陀仏の身体より発せられる光明は、

十方世界 宇宙のすべての

念仏衆生 念仏する人々を、

摂取不捨 摂取し、決して見捨てることはない功徳がある。

連称念仏

続けて称える念仏

 

南無阿弥陀仏

南無阿弥陀仏

南無阿弥陀仏

南無阿弥陀仏

南無阿弥陀仏

南無阿弥陀仏

 

 

総廻向文

(すべての功徳を回向することば)

 

願以此功徳 阿弥陀仏に帰依したこの功徳を、

平等施一切 生きとし生ける一切のものと共に、

同発菩提心 等しくわかちあい、皆、もろともに菩提の心を懐き、

往生安楽国 安楽の国に生まれようと願う。

 

一枚起請文

(法然上人の念仏信仰への誓いのおことば)

 

もろこし我朝に、もろもろの智者達の、沙汰し申さるる、観念の念にも あらず。 わたしが勧めている念仏は、中国や日本において、慧遠や吉蔵や源信等の智者たちが理解している観仏三昧による念仏ではありません。

又学文をして、念のこころをさとりて、申す念仏にもあらず。 また学問をして念仏の意義や功徳を悟ったうえで申す念仏でもありません。

ただ往生極楽のためには、南無阿弥陀仏と申して疑いなく、  ただ、往生極楽の為には、南無阿弥陀仏と申すことです。

往生するぞと 思いとりて、申す外には、別の子細候はず。  阿弥陀の救いの力に疑いをはさむ余地無く、必ず往生できるのだという思いを懐いて念仏を申す外には、別にあれこれと修行する方法はありません。

ただし三心四修と申すこと の候うは、  ただ、至誠心・深心・廻向発願文の三心や、長時修・無間修・恭敬修・無余修の四修などの心がまえを説いていますけれども、

皆決定して南無阿弥陀仏にて、往生するぞと、おもううちに、こもり候うなり。 要は南無阿弥陀仏と称えて往生したいと思う心に集約されるのです。

この外に、奥ふかきことを存ぜば、二尊のあわれみには ずれ、本願にもれ候うべし。 この外に、理論を加えたり他の教えと比較をしたりすることに心が傾けば、釈迦・弥陀二尊の慈悲心にはづれ、本願にもれてしまいます。

念仏を信ぜん人は、たとい一代の法をよくよ く学すとも、  念仏を信じる人は、たとえ仏教の多くを学んでも、

一文不知の愚鈍の身になして、尼入道の無智のともがらに同 じゅうして、  何も知らない愚か者である自覚し、一人の尼入道がひたすら無心に念仏を称えるすがたを見習って、

智者のふるまいをせずして、ただ一向に念仏すべし。  智者ぶった高慢心を起こさず、ただひたすら念仏を称えなさい。

 証のために両手印をもってす    証明のために両手でこの紙に印をつけましょう

浄土宗の安心起行、この一紙に至極せり。 浄土宗の安心・起行はこの一紙に記したことに極まります。

源空が所存、此の外に全く別義 を存ぜず。 源空の念仏に対する思いには、この他にまったく別の意義はありません。

滅後の邪義を、ふせがんがために、所存をしるしおわんぬ。  わたしの亡きあとに誤った考えが出ることを防ぐために、ここにわたしの思いを記しました。

建暦二年正月廿三日

(源空在御判)


 

 

鎮勧用心

(西山上人のしずまる心とはげむ心のおことば)

 

ねむりて一夜をあかすも、報仏修徳のうちにあかし、  心穏やかにねむりにつく心地は、阿弥陀仏の成仏された功徳の働きによるものです。

さめて一日をくらすも、弥陀内証のうちに暮らす。   一日を積極的に暮らそうと言う心地は、阿弥陀仏の成仏された証です。

機根つたなくとも、卑下すべからず。         自分は救いに与れない愚か者であると思っても、卑下する必要もありません。

仏に下根を摂する願います。             阿弥陀仏には煩悩の多きものを救う願いがあるのです。

行業とぼしくとも、疑ふべからず。          自分の善行は少ないからと言って、仏の救いに勝手な疑いを懐いてはなりません。

経に「乃至十念」の文あり。             無量寿経には「誰しもが、十念にて往生出来る」という第十八願があるのです。

はげむも欣ばし、正行増進の故に。はげまざるも喜ばし、正因円満の故に。  このような仏の存在を信じたうえは、いろいろと励むことに喜びがわいてくるでしょう。それは念仏者にふさわしい修行が増進されるからです。じっとしていても喜びはわいてくるでしょう。仏の真実なる功徳が円満してあなたの心に存在しているからです。

徒らに機の善悪を論じて、仏の強縁を忘るること勿れ。 必要以上に自分の善悪を考えることにこだわり、仏との強い結びつきを忘れてはなりません。

不信につけても、いよいよ本願を信じ、懈怠につけても、ますます大悲を仰ぐべし。  不信の心がわいてきても、その折々に、より一層、本願を信じなさい。怠け心がわいてきても、その折々に、よりしっかりと仏の慈悲にすがりなさい。

 

三称礼

法要の最後に、念仏に生きる姿を、ふるまい、語り、心がけの三つの行為にこめて念仏を三称し三礼拝をする。

 

南無阿弥陀仏

南無阿弥陀仏

南無阿弥陀仏

(声に出さず心の中で称える)

 

南無阿弥陀仏

南無阿弥陀仏

南無阿弥陀仏

(声に出さず心の中で称える)

 

南無阿弥陀仏

南無阿弥陀仏

南無阿弥陀仏

(声に出さず心の中で称える)

 

送仏偈

(仏を見送る詩)

 

請仏随縁還本国 仏の教えを頂戴いたしましたので、あらゆる仏・菩薩よ、どうぞ、本国にお帰り下さい。

普散香華心送仏 香を焚き、華を散らして、心よりお見送りいたします。

願仏慈心遙護念 仏・菩薩よ、遥かなる国より、慈悲の心をもっていつもお護り下さい。

同生相勧尽須来 友とともに仏道に励みますので、いずれわれらが仏の国に生まれるときには、必ずお迎えを頂きたいと願います。

 

般若心経

(「すべての現象の真実の姿を見極める智慧」を説く経)

 

摩訶般若波羅蜜多心経

偉大なる般若波羅密多(すべての現象の真実の姿を見極める智慧)を説く経

観自在菩薩 行深般若波羅蜜多時 照見五蘊皆空 度一切苦厄

人の心を含めて、ありのままのすがたを自在に観察する智慧を持つ観自在菩薩が(すべての現象の真実の姿を見極める智慧)の実践をしていた時、存在していると思いこんでいる人間の、肉体と感受作用と表象作用と意思作用と認識作用は、みな、空であることを明らかにして、すべての悩み苦しむ人々を救った。

舎利子 色不異空 空不異色 舎利子よ、よく聴け。森羅万象は空と異なることはなく、空は森羅万象と異なることはない。

色即是空 空即是色 よって、森羅万象は空と同じことであり、空は森羅万象と同じであるということが成立する。

受想行識 亦復如是 だから、人間の感受作用と意志作用と認識作用もこれと同じ理論で理解すればよい。

舎利子 是諸法空相 不生不滅 不垢不浄 不増不減 舎利子よ、森羅万象のすがたは空のすがたであり、あらたに生まれるものでもなく、無くなってしまうものでもない。本質として汚れているとか清らかということもなく、増大したり減少したりするものでもない。

是故空中 無色無受想行識 無眼耳鼻舌身意 空という概念を用いれば、人間はもともと確固たる肉体もなく、感受作用と表象作用と意思作用と認識作用もなく、それらが仮に和合したものだと受け止める。本来は、視覚・聴覚・臭覚・味覚・触覚の感受能力もない。

無色声香味触法 無眼界乃至無意識界 外界を見渡せば、もともと、眼による認識・耳による音・鼻による臭い・舌による味・身体による接触・意識による思考の、それぞれの感覚による執着に対象もない。よって、眼の認識作用によって作られる境界もなく、また、意識の思考作用によって作られる境界もない.

無無明亦 無無明尽 さらには、釈尊が菩提樹下での思惟で確立した十二因縁説の最初に明らかにした迷いの根源が尽きるという境界もない。

乃至無老死亦無老死尽 また、十二因縁の最後の老いたり死んだりすることもなく、かといって、老いたり死んだりすることが無くなるわけではない。

無苦集滅道 無智亦無得 この論理を展開すれば、苦の存在を明らかにすることと、苦の原因を明らかにすることと、苦から離れるには苦を滅することであるということと、苦を滅するには修行をすることであるということの論理(釈尊が始めて説いた四諦の教説)もなく、それを理解する智慧もなく、また得るものもない。

以無所得故 つまりもともと、なにも得るものはないのである。

菩提薩? 依般若波羅蜜多故 心無?礙 菩薩は、(すべての現象の真実の姿を見極める智慧)によって、心になにもこだわりがない。

無?礙故 無有恐怖 遠離一切顛倒夢想 究竟涅槃 こだわりがないから、なにごとにも恐れず、うろたえることも思い過ごすこともなく、静かな安らぎのなかに身を置く。

三世諸仏 依般若波羅蜜多故 得阿?多羅三?三菩提 過去・現在・未来の仏も、この(すべての現象の真実の姿を見極める智慧)によって悟りの最高の境地を得ている。

故知般若波羅蜜多 是大神呪 是大明呪 是無上呪 是無等等呪 よって、このことをしっかりと知るべきである。(すべての現象の真実の姿を見極める智慧)は、大いなる神聖なことばである。無上なることである。比べるもののないことばである。

能除一切苦 真実不虚 すべての苦しみを除く、真実そのものである。

故説般若波羅蜜多呪 ここに、(すべての現象の真実の姿を見極める智慧)のことばを説いてきた。

即説呪曰 最後に、このことばを捧げる。

羯諦羯諦 帰ろう、帰ろう、

波羅羯諦 仏の世界に帰りましょう、

波羅僧羯諦 仏の世界にきっと帰りましょう。

菩提僧婆訶 そこで得る偉大なる智慧よ、幸あれ。

般若心経 智慧の心を説く経を終える。

 

 

舎利経

(舎利への敬いの文)

 

一心頂礼 心より恭しく礼拝いたします。

万徳円満 すべての徳をみたした

釈迦如来 釈迦如来の、その心身の舎利と、教えの本願である真理と、地・火・水・風・空の宇宙をしめすスツーパを心より恭しく礼拝いたします。

真身舎利 その心身の舎利と、

本地法身 えの本願である真理と、

法界塔婆 教地・火・水・風・空の宇宙をしめすスツーパを

我等礼敬 われらが仏舎利を敬って礼拝すれば、

為我現身 仏はわたしたちを救おうとして身を表し、

入我我入 わたしの迷いの心の中に入り、わたしは仏の安らぎの心の中に入り、

仏加持故 仏の加持の力によって、

我証菩提 わたしは悟りを得る。

以仏神力 わたしはただちに仏の救いの慈悲力を用いて、

利益衆生 悩み苦しむ人々を救う。

発菩提心 こうして、人々は悟りへの心をおこし、

修菩薩行 菩薩の行を実践し、

同入円寂 もろともに心静かな境地に入ることが出来る。

平等大智 このような仏舎利の平等な智慧の働きに対して、

今将頂礼 心より恭しく礼拝いたします。

 

 

帰三宝偈(十四行偈)

人々に仏・法・僧の三宝帰依の発願を勧める詩

 

道俗時衆等 各発無上心 出家、在家を問わず、いま生きている人々よ、この上なき尊い心をおこせ。

生死甚難厭 仏法復難欣 ただ、生きるにはさまざまな執着心が沸き、それを断ち切ることはまことに難しい。清らかな仏の教えに従って修行をしようとしても、その願いもなかなか難しい。そのことはよく分かる。

共発金剛志 横超断四流 しかし、一緒にダイヤモンドのように堅固な志を立てて、速やかに煩悩を断ち切り、

願入弥陀界 帰依合掌礼 阿弥陀仏の世界に入ろうとの願いを込めて、仏に帰依し合掌して礼拝をしようではないか。

世尊我一心 帰命尽十方 世尊よ、わたしたちは、阿弥陀仏がすべての人々を救おうとの願いを込めて顕した広大な真理の仏と、

法性心如海 報化等諸仏 人々を救おうとの願いに報いた仏、人々の状況に応じて現れる仏と、

一一菩薩身 眷属等無量 それらの仏にはべる菩薩・声聞・縁覚や守護する神々と、極楽の地下や地上や虚空はさまざまな功徳を顕している、

荘厳及変化 十地三賢海 その不思議なる荘厳、悟りの内容をしめす十地とか三賢などの、高度な境地にいる多くの菩薩と、、

時劫満未満 知行円未円 その十地・三賢への修行時間を満たした菩薩とまだ満たしていない菩薩と、菩薩行の基本である六波羅密の修行が円満である菩薩と、まだ円満でない菩薩と、、

正使尽未尽 習気亡未亡 輪廻の世界への煩悩が滅した菩薩と、まだ滅しきれない菩薩と、潜在的な煩悩をも無くした菩薩と、まだ無くしきれない菩薩と、

功用無功用 証智未証智 自発的に人々を救おうとする菩薩と、知らず知らずに人々を救っている菩薩と、高度な悟りの内容を理解している菩薩と、まだ理解していない菩薩と、

妙覚及等覚 正受金剛心 最高の悟りの境地にいる菩薩と、仏に等しい境地にいる菩薩とつまり、まったく揺るぎのない境地をえて、ダイヤモンドのように堅固な心に

相応一念後 果徳涅槃者 相応して、あっというまに煩悩を断絶した後の、最高にして心静かな境地にいる菩薩たちに、

我等咸帰命 三仏菩提尊 こころより帰命いたします。わたしたちは、あらためて、真理としての仏と、願いをこめて修行しその結果として悟りを得た仏と、人々の状況に応じて現れる仏の尊い悟りのすがたに帰命いたします。

無礙神通力 冥加願摂受 どうか、空間的にも時間的にも妨げられない仏の能力で、私たちを譲り、救って下さい。

我等咸帰命 三乗等賢聖 こころより帰命いたします。さきに述べた菩薩たちは。

学仏大悲心 長時無退者 仏の大慈悲の働きを学びおえ、永遠にその境地から退かない方々です。

請願遙加備 念念見諸仏 その菩薩の方々よ、どうぞ、仏と同じようにわたしたちを譲って下さい。そのお譲りによって、いつもいつも仏を見ることが出来るでしょう。

我等愚癡身 曠劫来流転 わたしたちは、愚かな心をもっていました。ずっと以前より、この今の今まで、煩悩によって迷いの中を流転してきました。

今逢釈迦仏 末法之遺跡 しかし、今、釈迦牟尼仏は、悟ることの不可能な時代に百年の間にだけ残る教えを説いてくれました。

弥陀本誓願 極楽之要門 つまり阿弥陀仏の四十八の誓願を説く無量寿経と、極楽と往生人の様子を十六に分けて説く観無量寿経の教えです。

定散等回向 速証無生身 その十六の方法によって得た功徳を、すべて往生にふり向け、すみやかに悟りの境地を味わいたいものである。

我依菩薩蔵 頓教一乗海 わたし善導は、ここに、弥陀の願いによって人が往生して菩薩の位に入る教えであり、速やかに往生の出来る教え、つまり、阿弥陀仏の願力による念仏という海のごとき広大な教えによって、

説偈帰三宝 与仏心相応 詩を作って三宝に帰命し、釈迦と弥陀の御心に相応しようと想います。

十方恒沙仏 六通照知我 すべての教えきれないほどの仏たちよ、仏の威力をもってわたしを照らし、わたしが仏の心に相応することを知って下さい。

今乗ニ尊教 広開浄土門 いま、釈迦・弥陀の二尊の教えに従って、だれでもが入れる広く大きな浄土への門を開こうと決意いたします。

観経真身観

(阿弥陀仏の身体と光明の功徳を説く9番目の観想法)

 

仏告阿難 及韋堤希  釈迦牟尼仏は、阿難と韋提希に語りかけました。

此想成已 次当更観 無量寿仏 身相光明  「今まで説いてきた太陽を観察して極楽を想像する最初の観想法から阿弥陀仏の像を観察する八番目の観想法までが完成したならば、つぎは、阿弥陀仏のおすがたとそこから放たれる光明を観察しなさい。

阿難当知 阿難よ、しっかりと見なさい。

無量寿仏身 如百千万億 夜摩天 閻浮檀金色  阿弥陀仏の身体は、天上界のなかで一番美しいとされている夜摩天を飾る閻浮檀産の金の色のように輝いている。

仏身高 六十万億 那由他 恒河沙由旬  その身長は、はかりしれないほど高い。

眉間白毫    右旋婉転 如五須弥山  眉間に突き出している百毫は、右廻りに旋回しており、須弥山を五つ積み重ねたほどの大きさである。

仏眼 如四大海水 青白分明  眼は、須弥山を取り囲む四大海の水のように青白く澄んで、まことに清らかである。

身諸毛孔 演出光明 如須弥山  身体の一つ一つの毛穴からは、光明を放ち、須弥山を覆うほどである。

彼仏円光 如百億三千大千世界 頭の後ろにある後光は、宇宙を覆うほどの大きさであり、

於円光中 有百万億 那由他 恒河沙化仏 その中には、ガンジス河の砂ほどの数えきれない化仏がいる。

一一化仏   亦有衆多 無数化菩薩 以為侍者 その化仏にも、無数の化菩薩がはべっている。

無量寿仏 有八万四千相 阿弥陀仏の身体には、八万四千種の明らかな特徴があり、

一一相 各有八万四千随形好 さらに、その特徴の一つ一つからも

一一好 復有八万四千光明 光明がはなたれており、

一一光明 偏照 十方世界 念仏衆生 摂取不捨 その光明は、すべての世界のすみずみまで念仏する人々を照らし、救いとって洩らすということはない。

其光明相好 及与化仏 不可具説 但当憶想 令心眼見 その光明とすがたや、化仏の様子や数は、なかなか正確にことばで説明することは難しい。しっかりと思い凝らして、心の眼で見るしかない。

見此事者 即見十方 一切諸仏 このような阿弥陀仏の身体と光明を見るということは、すべての他の仏を見ることにもなる。

以見諸仏故 名念仏三昧 阿弥陀仏以外の仏をも見ることにもなるから、この境地を(念仏による心の安らぎ)という。

作是観者 名観一切仏身 このように見ていくことを(すべての仏たちの身体への観想法)という。

以観仏身故 亦見仏心 仏の身体を見ることは仏の心を見ることにもなる。

仏心者 大慈悲是 仏の心は慈しみの働きそのものである。

以無縁慈 摂諸衆生 無条件の慈しみをもって、すべての人々を救うのである。

作比観者 捨身他世 生諸仏前 得無生忍 この観想法を行うものは、この世を去れば、仏のみ前に生まれて、悟りの境地に至るのである。

是故智者 応当繋心 諦観無量寿仏 よって、智慧ある人よ、しっかりと心がけて、明確に阿弥陀仏の身体を観察せよ。

観無量寿仏者 従一相好入 阿弥陀仏を観察するには、まず、一つの特徴から観察に入れ。

但観眉間白毫 極了明了 始めは、眉間の百毫を観察して、その有り様を極めて明瞭に心の中に映しとどめよ。

見眉間白毫者 八万四千相好 自然当現 眉間の百毫を観察しおわれば、すべての特徴はおのずと心の中に映し出されてくる。

見無量寿仏者 即見十方 無量諸仏 こうして、阿弥陀仏を見たならば、ほかのすべての仏を見たことになる。

得見無量諸仏故 諸仏現前授記 すべての仏を見たことによって、その仏たちは、汝の前に現れて、汝が必ず往生することの予言を授けるだろう。

是為偏観 一切色身想 名第九観 このような方法が(すべての仏の身体を観想する方法)であり、(第九番目の観想法)という。

作此観者 名為正観 若他観者 名為邪観 この観想をすることを正しい観想法といい、ほかの観想をすれば、間違った観想法という。」と。

 

仏説阿弥陀経

(阿弥陀仏とその世界の功徳を説き、諸仏の証明を得た経)

 

仏説阿彌陀経 阿弥陀仏とその世界の功徳を説き、諸仏の証明を得た経

姚秦三蔵法師鳩摩羅什奉詔訳 五世紀の始め、姚秦の国において、三蔵法師の位を持つ鳩摩羅什は、姚興王の詔によってこれを訳す。

如是我聞  私(阿難)が釈尊よりお聞きしたことを申し上げます。

一時 仏在 舎衛國 祇樹給孤独園  かつて、釈尊が、印度の舎衛国の祇園精舎におられる時のことでございます。

輿大比丘衆 千二百五十人倶  まわりには、大比丘と称される千二百五十人ほどの修行者の方々がお座りになっておられました。

皆是大阿羅漢 衆所知識  すでに悟りを得た大阿羅漢の境地に達せられておられ、世間の人々にもよく知られていました。

長老舎利弗 摩訶目建連 摩訶迦葉 摩訶迦旃延 摩訶倶稀羅 離婆多 周利槃陀伽 難陀 阿難陀 羅候羅 喬梵波提 賓頭廬頗羅堕 迦留陀夷 摩訶劫賓那  薄拘羅 阿冕楼駄 如是等 諸大弟子 并諸菩薩摩訶薩 文殊師利法王子 阿逸多菩薩 乾陀訶提菩薩 常精進菩薩 与如是等 諸大菩薩 及釋提桓因等 無量諸天 大衆倶

長老の舎利弗、摩訶目?連、摩訶迦葉、摩迦旃延、摩訶倶?羅、離婆多、周利槃陀伽、難陀、阿難陀、羅?羅、?梵波提、賓頭盧頗羅堕、迦留陀夷、摩訶劫賓那、薄拘羅、阿菟樓駄の、十六羅漢と称される方々です。

 衆生救済の願いをもつ菩薩がた、すなわち、文殊師利法王子(文殊菩薩)、阿逸多菩薩、乾陀訶提菩薩らの方々もおられました。さらには、釈提桓因(帝釈天)や梵天ら、仏法を守護する神々であられる多くの諸天もこの法座に集まっておられました。

爾時佛告 長老舎利弗  その時、釈尊は、おもむろに口をお開きになって、長老の舎利弗さまに問いかけました。いつもの、どなたかの問いに対してお答えなさるのとは、まったく違いました。そして、舎利弗さまの答を待つのでもなく、さらに語り始めました。

従是西方 過十万億佛土 有世界 名曰極楽  「舎利弗よ、これより西方の、十万億の仏土を越えたところに、極楽という世界がある。

其土有佛 号阿弥陀 今現在説法  そこに阿弥陀という名前の仏がおられ、いま現在も、法を説いておられる。

舎利弗 彼土何故 名為極楽  舎利弗よ、なぜ、かの国を極楽世界というのかを知っているか・・・。

其国衆生 無有衆苦 但受諸楽  その国の人々には、もろもろの苦しみもなく、ただ心の楽しみが極まりないことから、

故名極楽  極楽というのである。

又舎利弗 極楽国土 七重欄楯 七重羅網 七重行樹  舎利弗よ、極楽国土には、宝の樹がそびえている。七重の欄干に囲まれて、七重の薄網に覆われており、七列に列なって並樹となっている。

皆是四宝 周匝囲繞  すべて金・銀・瑠璃・玻璃の宝石からできており、

是故彼国 名曰極楽  あちこちに廻らされていることから極楽というのである。

又舎利弗 極楽国土 有七宝池  舎利弗よ、極楽国土には、宝の池がある。

八功徳水 充満其中  その池は、八つの功徳を持つ水で満たされている。

地底純以 金沙布地  池の底には、金の砂が敷きつめられている。

四辺皆道 金銀瑠璃 玻璃合成  池の四方の水際は、金・銀・瑠璃・玻璃の宝石からできている。

上有楼閣  水際の上には楼閣が建っており、

亦以金銀瑠璃 玻璃車瑚 赤珠瑪瑙 而嚴飾之  金・銀・瑠璃・玻璃・??・赤珠・瑪瑙などの宝石で飾られている。

池中蓮華 大如車輪  池の中には、車の輪くらいの蓮華が咲いている。

青色青光 黄色黄光 赤色赤光 白色白光 微妙香潔 舎利弗 極楽国土 成就如是 功徳荘厳  青い華より青色の光が、黄色の華より黄色の光が、赤い華より赤色の光が、白い華より白色の光が発せられ、それぞれ微妙にして潔らかな香りを漂わせている。舎利弗よ、極楽国土には、このように、みごとな特性をもって飾られている。

又舎利弗 彼佛国土 常作天楽 黄金為地  舎利弗よ、その国土には、天から絶えず楽の音が奏でられ、大地は黄金で飾られている。

昼夜六時 而雨曼陀羅華  一日に六度にわたって、曼陀羅の華がふりそそいでくる。

其国衆生 常以清旦 各以衣戒 盛衆妙華 供養他方 十萬億佛  その国の人々は、清らかな朝を迎えると、華受け皿に華を盛り、他方のあらゆる国に飛び、その仏を供養する。

即以食時 還到本国 飯食經行  昼には、自分の国に帰り、食事をすませて散策する。

舎利弗 極楽国土 成就如是 功徳荘厳  舎利弗よ、極楽国土には、このように、みごとな特性をもって飾られている。

復次舎利弗 彼国常有 種々奇妙 雑色之鳥  舎利弗よ、その国土にはさまざまな形や色の鳥が飛ぶ。

白鵠孔雀 鸚鵡舎利 迦陵頻伽 共命之鳥  白鵠・孔雀・鸚鵡・舎利・迦陵頻伽・共命の鳥などである。

是諸衆鳥 昼夜六時 出和雅音  これらの鳥は、一日六回、和やかな音で鳴く。

其音演暢 五根五力 七菩提分 八聖道分 如是等法  その音は、五根・五力・七菩提分・八正道分などの仏の教えとなって聞こえてくる。

其土衆生 聞是音己  その国の人々は、その音を聞いた後は、

皆悉念佛 念法念僧  仏・法・僧の三宝を念ずる気持ちが自然に沸いてくるようになる。

舎利弗 如勿謂 此鳥実是 罪報所生  舎利弗よ、これらの鳥は、罪の報いによる生まれ変わりと思ってはならない。

所以者何  つまり、その国土には、

彼佛国土 無三悪趣  地獄・餓鬼・畜生の迷い苦しみの姿はないからである。

舎利弗 其佛國土 尚無三悪道之名  舎利弗よ、その国土には、地獄・餓鬼・畜生の名すらないのである。

何况有実 是諸衆鳥 皆是阿彌陀佛 欲令法音宣流 変化所作  ましてや、実体としての鳥はあろう筈はない。これらの鳥は、すべて阿弥陀仏が、教えを勧め説こうとして、変化させた手立てなのである。

舎利弗 彼佛国土 微風吹動 諸宝行樹 及宝羅網 出微妙音 譬如百千種楽 同時倶作  舎利弗よ、その国土には、ここちよい風が吹く。その風によって、宝の樹や宝の網はゆり動かされ、百千の楽器が同時に奏であうように、妙なる音を出す。

聞是音者 皆自然生 念佛念法 念僧之心  この調べを聞く者は、みな、自然に念仏・念法・念僧のこころが沸き起こってくる。

舎利弗 其佛国土 成就如是 功徳莊厳  舎利弗よ、その仏の国土には、このようにみごとな特性をもって飾られている。

舎利弗 於汝意云何 彼佛何故 号阿彌陀  舎利弗よ、汝は心の中で、どのように思っているのか。その仏は、なぜ阿弥陀と名付けられるのかを・・・・・。

舎利弗 彼佛光明 無量照十方國 無所障礙  舎利弗よ、その仏の身体から発せられる光明の輝きは量り知れず、十方の国を照らすのに障害となるものはない。

是故号為阿彌陀  このゆえに、阿弥陀(アミターユス=無量光)と名付けられるのである。

又舎利弗 彼佛壽命 及其人民 無量無邊 阿僧祇劫  舎利弗よ、その仏とその国の人々の寿命は同じであり、最大の時間の単位を使っても計り尽くすことは出来ない。

故名阿彌陀  このゆえに、阿弥陀(アミターバ=無量寿)とも名付けられるのである。

舎利弗 阿彌陀佛 成佛已來 於今十劫  舎利弗よ、その阿弥陀仏は、仏の悟りを得てから、もうすでに大変長い時間が経っている。

又舎利弗  舎利弗よ、

彼佛有無量無邊 聲聞弟子  その国には、阿羅漢という悟りの境地に達している声聞の弟子が、

皆阿羅漢 非是算数 之所能知  数えることは出来ないほど沢山いる。

諸菩薩衆 亦復如是  菩薩の数も、同じである。

舎利弗 彼佛国土 成就如是 功徳莊嚴  舎利弗よ、かの仏の国土には、このように、みごとな特性をもって飾られている。

又舎利弗 極楽国土 衆生生者 皆是阿卑跋致  舎利弗よ、極楽国土に生まれている人々は、みな、悟りへの道から退くことのない境地に達し、

其中多有 一生補処  中には、いずれ近い将来に必ず仏になる菩薩の位のものもいる。

其数甚多 非是算数 所能知之  その数は、はなはだ多く、計算することは難しく、

但可以無量無邊 阿僧祇劫説  最大の単位を使うことになろう。

舎利弗 衆生聞者 應當発願 願生彼国 所以者何  舎利弗よ、今まで説いてきた極楽世界と阿弥陀仏あるいは菩薩や聖たちのことを聞くものは、まさに、その国に生まれたいとの願いをおこす筈である。

得与如是 諸上善人 倶會一処  それは、これらのこの上なき善き人と、ともに一所に出合い過ごすことが出来るからである。

舎利弗 不可以少善根 福徳因縁 得生彼国   舎利弗よ、この世での多少の善行や福なる徳を条件にして、かの国にうまれるということはないのである。

舎利弗 若有善男子 善女人 聞説阿彌陀佛 執持名号  舎利弗よ、老若男女のだれでもが、もし、阿弥陀仏の名号の持つ功徳を聞き、  

若一日 若二日 若三日 若四日 若五日 若六日 若七日 その名号を、一日、二日、三日、四日、五日、六日あるいは七日のあいだ、

一心不乱 其人臨命終時 阿彌陀佛 与諸聖衆 現在其前  一心不乱に称え続けたならば、その人の臨終の時には、阿弥陀仏は聖者らに取り巻かれて、その人の前に現れるであろう。

是人終時 心不顛倒  そして、この人は、命の終わるとき、死の恐怖などで心は?倒することもなく、

即得往生 阿彌陀佛 極樂国土  ただちに阿弥陀仏の極楽国土に生まれるであろう。

舎利弗 我見是利  舎利弗よ、われ釈尊は、この念仏の功徳のはたらきを確信している。

故説此言  よって、だれしも、この数えを聞いたならば、

若有衆生 聞是説者 應當発願 生彼国土  きっとその国に生まれたいとの願いをおこし、必ずその国に生まれるのである。

舎利弗 如我今者 讃歎阿彌陀佛 不可思議功徳 東方亦有 阿粛卑佛 須彌相佛 大須彌佛 須爾光佛 妙音佛 如是等 恒河沙数諸佛 各於其国 出廣長舌相 偏覆三千 大千世界 説誠実言

舎利弗よ、われは、いままで、阿弥陀仏の不思議なる慈悲と智慧の功徳をほめたたえてきた。これと同じように、東方世界の、阿粛卑仏、須弥相仏、大須弥仏、須弥光仏、妙音仏、そのほかに、それぞれの世界にまします、ガンジス河の沙の数ほどの仏は、その国において、広く長い舌をもって、それらの国を覆い、まことの言葉でほめたたえるのである。

汝等衆生 當信是稱讃 不可思議功徳 一切諸佛 所護念経  「汝らよ、まさに、〔阿弥陀仏の不可思議功徳の慈悲と智慧を称賛する経典〕、さらには〔一切の仏にその真実を守護されている経典〕を信ずべきである。」と。

舎利弗 南方世界 有日月燈佛 名聞光佛 大焔肩佛 須彌燈佛 無量精進佛 如是等 恒河沙数諸佛 各於其国 出廣長舌相 偏覆三千 大千世界 説誠実言

舎利弗よ、南方世界の、日月燈仏、名聞光仏、大?肩仏、須弥燈仏、無量精進仏、そのほかに、それぞれの世界にまします、ガンジス河の沙の数ほどの仏は、その国において、広く長い舌をもって、それらの国を覆い、まことの言葉でほめたたえるのである。

汝等衆生 當信是稱讃 不可思議功徳 一切諸佛 所護念経  「汝らよ、まさに、〔阿弥陀仏の不可思議功徳の慈悲と智慧を称賛する経典〕、さらには〔一切の仏にその真実を守護されている経典〕を信ずべきである。」と。

舎利弗 西方世界 有無量壽佛 無量相佛 無量幢佛 大光佛 大明佛 宝相佛 淨光佛 如是等 恒河沙数諸佛 各於其国 出廣長舌相 偏覆三千 大千世界 説誠実言

舎利弗よ、西方世界の、無量寿仏、無量相仏、無量幢仏、大光仏、大明仏、宝相仏、浄光仏、そのほかに、それぞれの世界にまします、ガンジス河の沙の数ほどの仏は、その国において、広く長い舌をもって、それらの国を覆い、まことの言葉でほめたたえるのである。

汝等衆生 當信是稱讃 不可思議功徳 一切諸佛 所護念経  「汝らよ、まさに、〔阿弥陀仏の不可思議功徳の慈悲と智慧を称賛する経典〕、さらには〔一切の仏にその真実を守護されている経典〕を信ずべきである。」と。

舎利弗 北方世界 有焔肩佛 最勝音佛 難沮佛 日生佛 網明佛 如是等 恒河沙数諸佛 各於其国 出廣長舌相 偏覆三千 大千世界 説誠実言

舎利弗よ、北方世界の、?肩仏、最勝音仏、難沮仏、日生仏、網明仏、そのほかに、それぞれの世界にまします、ガンジス河の沙の数ほどの仏は、その国において、広く長い舌をもって、それらの国を覆い、まことの言葉でほめたたえるのである。

汝等衆生 當信是稱讃 不可思議功徳 一切諸佛 所護念経  「汝らよ、まさに、〔阿弥陀仏の不可思議功徳の慈悲と智慧を称賛する経典〕、さらには〔一切の仏にその真実を守護されている経典〕を信ずべきである。」と。

舎利弗 下方世界 有師子佛 名聞佛 名光佛 達摩佛 法幢佛 持法佛 如是等 恒河沙数諸佛 各於其国 出廣長舌相 偏覆三千 大千世界 説誠実言

舎利弗よ、下方世界の、師子仏、聞名仏、名光仏、達摩仏、法幢仏、持法仏、そのほかに、それぞれの世界にまします、ガンジス河の沙の数ほどの仏は、その国において、広く長い舌をもって、それらの国を覆い、まことの言葉でほめたたえるのである。

汝等衆生 當信是稱讃 不可思議功徳 一切諸佛 所護念経  「汝らよ、まさに、〔阿弥陀仏の不可思議功徳の慈悲と智慧を称賛する経典〕、さらには〔一切の仏にその真実を守護されている経典〕を信ずべきである。」と。

舎利弗 上方世界 有梵音佛 宿王佛 香上佛 香光佛 大焔肩佛 雜色宝華厳身佛 娑羅樹王佛 宝華徳佛 見一切義佛 如須彌山佛 如是等 恒河沙数諸佛 各於其国 出廣長舌相 偏覆三千 大千世界 説誠実言

舎利弗よ、上方世界の、梵音仏、宿王仏、香上仏、香光仏、大?肩仏、雑色宝華厳身仏、娑羅樹王仏、宝華徳仏、見一切義仏、如須弥山仏、そのほかに、それぞれの世界にまします、ガンジス河の沙の数ほどの仏は、その国において、広く長い舌をもって、それらの国を覆い、まことの言葉でほめたたえるのである。

汝等衆生 當信是稱讃 不可思議功徳 一切諸佛 所護念経  「汝らよ、まさに、〔阿弥陀仏の不可思議功徳の慈悲と智慧を称賛する経典〕、さらには〔一切の仏にその真実を守護されている経典〕を信ずべきである。」と。

舎利弗 於汝意云何 何故名為 一切諸佛 所護念経  舎利弗よ、お前は、なぜ、この法門を〔一切の仏にその真実を守護される経典〕と名づけるかを知っているか。

舎利弗 若有善男子 善女人 聞是諸佛 所説名及 経名者 是諸善男子 善女人 皆為一切諸佛 共所護念 皆得不退転於 阿耨多羅 三藐三菩提

舎利弗よ、老若男女のだれしもが、もし、この諸仏が讃える阿弥陀仏の名、あるいはこの法門の名を聞けば、一切の仏に護られ、さらには、阿耨多羅三藐三菩提というこの上なき悟りの境地から退くことはない。

是故舎利弗 汝等皆當 信受我語 及諸佛所説   舎利弗よ、このゆえに、お前たちはみな、われの語ることと、諸仏の説くことをかたく信じよ。

舎利弗 若有人 已発願 今発願 當発願 欲生阿彌陀佛国者 是諸人等 皆得不退転於 阿耨多羅 三藐三菩提 於彼國土 若已生 若今生 若當生

舎利弗よ、阿弥陀仏の国に生まれたいとの願いを、すでに発した人、あるいは発している人、さらには発すであろう人があれば、誰でもみな、阿耨多羅三藐三菩提というこの上なき悟りの境地から退くことなく、その国に、すでに生まれているのであり、今生まれるのであり、あるいはまさに生まれようとするのであろう。

是故舎利弗 諸善男子 善女人 若有信者 應當発願 生彼国土  舎利弗よ、このことから、すべての老若男女は、清らかな信仰を持ち、その国に生まれたいとの願いをおこすべきである。

舎利弗 如我今者 稱讃諸佛 不可思議功徳 彼諸佛等 亦稱説我 不可思議功徳 而作是言  舎利弗よ、われ、いま、弥陀を讃える諸仏からの不可思議功徳を讃えれば、諸仏も、われも不可思議功徳を讃えて、次のように語るのです。

釋迦牟尼佛 能為甚難 希有之事 能於娑婆国土 五濁悪世 劫濁見濁 煩惱濁 衆生濁 命濁中 得於阿耨多羅 三藐三菩提 為諸衆生 説是一切世間 難信之法

「釈迦牟尼仏よ、そなたは、社会悪のはびこる時代の濁り、偏見な思想をもつようになる濁り、煩悩が盛んになる濁り、身心ともに苦しむ濁り、人の命が短くなる濁りの、その五つの濁りが渦巻くこの現実の娑婆世界の中において、まことになし難い阿耨多羅三藐三菩提という希有なる悟りを得て、すべての人々のために、人々の信じ難い法門を説かれた。」と。

舎利弗 當知  舎利弗よ、しっかりと知れ、

我於 五濁悪世 行此難事 得於阿耨多羅 三藐三菩提 為一切世間 説此難信之法  われは、この五つの濁りが渦巻くこの現実の娑婆世界の中にいながら、まことに難しい修行をなし遂げて、阿耨多羅三藐三菩提の悟りを得て、世間の人々の信じ難いこの阿弥陀仏の慈悲と智慧の功徳の法門を説いた。

是為甚難  これぞはなはだ難しいことである。』と。

佛説此経已  舎利弗 及諸比丘 一切世間 天人阿修羅等 聞佛所説 歓喜信受 作禮而去  釈尊が、まさにこのように説きおえると、舎利弗をはじめとする修行者や求道者、あるいは天の神々からの聴聞のものたちは、釈尊の説かれた法門に歓喜し、あつく信じ、釈尊に礼拝して、立ち去ったのであります。

佛説阿彌陀經  阿弥陀仏とその世界の功徳を説き、諸仏の証明を得た経を語り終える。

梵網菩薩戒経

我今盧舎那 方坐蓮華臺  私は今、盧舎那仏(『法華文句』によれば、報身仏。華厳の教主を指します。)として、蓮華蔵世界の蓮華台の上に坐っています。
周匝千華上 復現千釋迦  りを取り巻く千華の上には、おのおの千の釋迦仏がいらっしゃいます。
一華百億國 一國一釈釋  一華につき百億の国があって、一国に一人の釋迦がいます。
各坐菩提樹 一時成佛道  釋迦仏は、おのおの菩提樹の下に坐って、同時に悟りの道を成し遂げます。
如是千百億 盧舎那本身  以上のような千と百億の釋迦仏は盧舎那仏を本地身とします。
千百億釋迦 各接微塵衆  これら千と百億の釋迦仏は、おのおの大勢の人々を連れて
倶来至我所 聴我誦佛戒  共に盧舎那仏の処に来て、仏戒について説くのを聴きます。
甘露門則開 是時千百億  すなわち甘露門(涅槃への門)を開きます。甘露の戒を聴き、千と百億の釋迦仏は、
還至本道場 各坐菩提樹  おのおの元の道場に帰り、菩提樹下に坐って
誦我本師戒 十重四十八  本師である盧舎那仏の戒を説きます。十重禁戒・四十八軽戒です。
戒如明日月 亦如瓔珞珠  戒は明るい太陽や月のようで、また輝く宝石の飾りのようなものです。
微塵菩薩衆 由是成正覚  大勢の菩薩達は、これによって悟りの道を成し遂げます。
是盧舎那誦 我亦如是誦  この戒は盧舎那仏の説いたもので、私(釋迦仏)もまた同様に説きます。
汝新学菩薩 頂戴受持戒  あなたがた新たに志を持った菩薩は、戴いた戒を受持すべきです。
受持是戒已 轉授諸衆生  この戒を受持することが出来たら、再び諸々の人々に授けなさい。
諦聴我正誦 佛法中戒蔵  よく聴きなさい。私はまさに仏法の中の戒の経書
波羅提木叉 大衆心諦信  「波羅提木叉」(プラーテイモークシャ)を説くでしょう。大衆よ、心によく信じなさい。
汝是當成佛 我是已成佛  あなたがたは、これから成仏出来る人々であり、私は既に成し遂げた仏です。
常作如是信 戒品已具足  常にこのような信仰を持てば、戒法は既に身に付いています。
一切有心者 皆應攝佛戒  すべての志のあるものは、皆この仏戒を受けるべきです。
衆生受佛戒 即入諸佛位  人々が仏戒を受けたなら、即ち諸仏と同じ位に入れます。
位同大覺已 眞是諸佛子  位は悟りを得た仏と同じで、諸仏の真の子となるのです。
大衆皆恭敬 至心聴我誦  大衆は皆、恭(うやうや)しく敬い、心から私の説く戒を聴きなさい。

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram